借金返済できない待機児童ママの悩み

更新日:

目先に迫る借金返済、クレジットカードの引き落としの1万円がありません。

今まで返済日に遅れたことがないので、遅延するとどうなるのか不安で、もしそれが影響して今後借りれなくなったり利用可能額が減るようなことがあれば、これからの生活に支障がきたしてきます。

月末が夫のお給料日なので、今がいちばんお金がない時だし。

毎月の返済が4万円もある中、24歳にもなってたった1万円が用意することができないなんて情けない。

借金返済できない待機児童ママの悩み

借金返済できない待機児童ママの悩み。

頼れる親は父親の会社経営が傾いて大きな借金を抱えて自己破産したばかり、その影響で熟年離婚したばかりなので、私も金欠だけどそんな私にさえお金を無心してくるぐらいだから、とてもじゃないけど頼れない。

その母の生活費を支援してるのが兄弟で、兄弟たちに怒られることを覚悟で頼めば1万円ぐらい何とかなりそうだけど、両親の経済的な支援を兄弟に任せっきりで何もしてない私「お金を貸して」なんて言う勇気もない。

借金を抱えながら子育てをしていると、切なくなることがしばしばあります。

長女はショッピングモールなどに出掛けると有料の遊び場で遊びたがります。

近所のショッピングモールの有料の遊び場は30分で600円。

大人の分も同じ料金取られるので、30分遊んだだけでも2人で1200円かかってしまいます。

その1200円でさえ払ってあげられない。

遊ばせてあげられない。

娘がやりたい!したい!と言ったことを何もしてあげられない切なさ。

なので、普段はショッピングモールは極力避けて公園でたくさん遊ばせることしか出来ません。

今はまだ、公園でも文句を言われないので助かっていますが、今後大きくなってきたら、あそこに行きたい!あれが欲しい!習い事をしたい!など、たくさんの要望が出てくると思う。

でも、その娘の要望に借金を完済するまでは応えてあげられない。

借金の完済もいつになるのか分からない悩みを抱えながら、子供の将来にかかるお金のことを考えると本当に子供たちに申し訳なくて苦しい気持ちで、二重の悩みでいっぱいになります。

こうなったのもすべて私の責任。

来年の4月には保育園に入れることを想定して、私が働いた分を借金の返済にあてれば2年以内にはきっと完済できる。

そう信じています。

借金返済と育児の両立に切羽詰まって神経がすり減ってます。

こんな生活がいつまで続くのかと悩みながら、昨日も真剣に生まれたばかりの下の娘を保育園に預けて働きに行こうと考えたけど、保育園の預かり代以上に私が外で稼いだところで毎月の全部の借金返済ができるわけじゃない。

例えば頑張って月に8万円稼いだとして、保育料が5万円なら残りが3万円。

毎月の借金返済が4万円だから差し引き1万円。

その1万円のために働きに出て借金返済していこうというのは、借金を内緒にしている以上仕方ないけど、可哀そうなのは0歳の娘だと思いました。

もちろんまだ喋れません。

幸いまだ子供たちは小さいので、うちが借金のせいで貧乏生活を送っていることに気づいていません。

借金返済できない悩み

それが今の私には本当に救われています。

私が子供の頃は、実家も裕福だったので私がやりたい!これ欲しい!と言ったことは全て受け入れてくれていました。

もちろん、無駄な物は買ってくれなかったけど。。。

だから、両親が私にしてくれたように私も子供の要望は出来るだけ受け入れてあげたい。

でも、今は借金のせいでしてあげることはできない。

それに、いつも出掛けるのは公園ばかり。

私の借金のせいで・・・

たくさんの経験をさせてあげられないことを、本当に申し訳なくて思っています。

子供たちにはたくさんの夢をもってもらい、色んな将来の選択肢があるということを教えてあげたい。

その為には、借金を全て返済して色んな経験をさせてあげなくてはいけない。

今、借金のせいでたくさん我慢をさせていることを本当に心から謝りたい。

まぁ、子供達に伝えても理解できないんですけどね。。。

子供達が大人になる頃に、私の借金地獄の経験を活かして(活かすって言い方は変かな?)お金の大切さ、身の丈にあったお金の使い方をきちんと教えていきたいと思います。

子供達にはお金に苦労しないように育ってもらいたい、それが私の想いです。

今は働く女性が当たり前だから、産後でもすぐ働く人が多いようです。

でも私の地域では保育所の空きがない,いわゆる待機児童状態。

日本死ねって去年だかの流行語になっていた、産後に働けない女性は困る。

でも、私の場合は借金返済がなければ本来なら専業主婦なので0歳の子供を預けてまで働きに出る必要はない。

少なくとも私は、親が会社をしていて忙しくお金もなかっただろうけど、保育園に預けられたという思いがないので、きっと両親は生活が苦しかった中でも幼い私や兄弟を手元に置いて育ててくれたことを思うと、私も0歳の子供を預けてまで働きに出るというのは「どうなんだろう?」って思いました。

現実はそんな悠長なことに浸っている暇もなく、毎日の生活(育児、借金)に追われてそれどころじゃなく否応なく返済日が来てしまうけど、それだって私が悪いわけだから、そんな精神状態で尚のこと育児は疲れるけど、下の子の赤ちゃん時代の2~3歳までは手元で育てたい・・・でも借金の返済がある。

待機児童ママの悩み

日本死ねという気持ちと「バカ!自分」という気持ちの混在する気持ちです。

それと根本的に、返済しても減らない(むしろ生活苦で増えていく)100万円前後の借金を毎月4万ずつ返済していって「いつ終わるのか?」という問題もあるけど、暮らしてけるか?という不安と心配もあります。

子供たちがいつ病気になるかも分からないし、個人事業主の夫が怪我でもしたら収入が途絶え「その月暮らし」の我が家は、私が自己破産するどころか「一家で破産」です。

仮に順調に返済していったところでも、その分他のことにお金が回らないのが現実で、実際に各種税金や年金などは後回しの状態です。

それでも悩んでいる借金の相談なんて誰にも話せません。

友達にも、両親、兄弟。

そして、きちんと話さなくてはいけない夫にも。

夫は私が借金80万円もあるなんて知りません。

本当だったら、きちんと話さないといけないんです。

でも、話せないまま結婚してしまった。

今さら言えないし、このまま内緒で完済させるつもりです。

いけないことをしているのは十分承知の上です。

誰かに借金の相談をすることができたら、どれだけ私の気持ちが楽になることか。。。

育児の相談をしながら何気なく友達に相談しようと探ったこともあるんです。

でも、お金にダラシないんだなとか思われるのが嫌で結局話せずに今に至ります。

まぁ、結局お金にダラシないから借金地獄に陥ったんですけどね。

誰かに話したい、でも話せない。

いつもこの悩みと苦しさのなかで戦っています。

誰にも話せないから、私と同じ境遇の人がいないかな?と思い色んな方のブログを読み始めました。

そして、私自身も同じ境遇の人の目に留まったらいいなと思いブログを始めました。

それだけでも、私は誰にも相談出来ない、借金や育児の悩みや苦しさから少し解放される気がするんです。

こんな状況で借金返済をしている主婦なんて私の他に誰かいないかって、インターネットで探して見つけたのが同じ借金主婦のブログ「隠れ貧乏主婦」の明日香さん。

借金返済できない待機児童ママの悩み

思えばブログを始めるきっかけにもなった明日香さんのブログに投稿されていた、「借金返済していくのに1番損をするのが返済のために動かなくちゃいけない時間」だって書かれていたいたのがキッカケで、本当に私もそう思うので、その金策したり悩んだり悔んだりする時間が勿体ないと共感しました。

そう言えば直接のきつかけになった明日香さんへのメツセージもこんな感じでした。

『はじめまして。
いつもブログ拝見しております。
私は24歳の専業主婦です!
3歳の女の子と今月第二子出産予定です。

私にも旦那に言えない借金があります。
生活費が足りないと言えず、ショッピングリボ払い60万、キャッシング20万あります。
そして、主人が転職した為来月は丸々1ヶ月分給料が入らない為、30万ほどキャッシングする予定です。
この30万のキャッシングは旦那も了承済みです。

まだまだ私は働けないので、このまま借金返済していけるのか不安です。
まだ滞納したことはありませんが、このまま返済し続けるか任意整理をするかで悩んでいます。

来月になれば、借金総額100万越えです。
何かいいアドバイスがあればお伺いしたいです。
よろしくお願いします。』

その時も「臨月ママの切羽詰まりかたがスゴイ」と言われてしまったけど、今も相変わらず切羽詰まったまま借金の状況は何も変わらない。

それでも子供たちは育っていきます。

だから今は臨月ママから待機児童中のママだけど、限られた時間を私の子供時代に母がしてくれたように、私も下の子を手元で育てて思いで作りも大事と思いました。

残りの借金返済。

あと何年かかるか分かりません。

分かっていることは、これ以上に生活を見直すことで副業のポイントサイトを育児や借金苦の息抜きの意味も含めてお小遣い稼ぎを借金返済に回すこと。

今の生活状況ではそうすることしかできないけど、このままギリギリの暮らしで完済に辿りつく保証なんてない。

いつも思うんです。

この借金が家庭の貯金額だったらいいのになぁ、と。

やっぱり、貯金が0円だと不安ばかりが募ります。

  • 夫の事業が失敗したらどうしよう。
  • 私や夫が病気になったらどうしよう。
  • 子供達が病気やケガをしたら?
  • 車が壊れたら?家電製品が壊れたら?

など、他にもたくさんの不安があります。

保険にも入っていないし、万が一の事が起きたときに払えるお金なんて一銭もないんです。

万が一のときのために貯蓄をしておかなくてはいけないことは分かっているんです。

今ある借金が貯蓄額だったら、と考えると悲しくなるばかりです。。。

少しでも貯蓄をしたくて、チリツモ貯金(塵も積もれば山となる)をしたこともあったのですが、その少しの現金さえも貯金出来ないほど毎月苦しくて使い切ってしまうんです。

今は貯金は出来ない。

貯金出来るお金があるなら少しでも多く借金を返してしまいたい、というのが本音です。

きっと、世間の主婦はお金の使い方も上手で貯金も出来ているんだろうなぁ、と羨ましく思う気持ちがどんどん大きくなる。

まぁ、実際のところ世間の主婦がどれだけ貯金出来てるかなんて知らないけど。。。

でも、少なくとも私みたいに高額な借金はしてないだろうな。

それだったら残り5年かけて100万円の借金を150万円と50万円も利息を払って返済していくなら、今1回借金を整理して、その後10年ぐらいクレジツトカードが使えないとしても20代の今ならやり直せるし、今の苦しみからの解放を考えると、そっちのほうがいいのかもしれないと思いました。

私の借入先は2社で100万円。

以前に相談した借金専門の弁護士は、100万円の借金を債務整理すると手数料や成功報酬で実質借金が減額されても半分。

50万円なら返せますか?と言われ「それなら何とかなりそうです」と答えると、だったら最初から50万円の返済のつもりで「なるべく返済したほうがいい」というアドバイスでした。

毎月の返済額4万円が2万円になっても10年クレジットカードが使えないブラックリストになるならということで、その加減が難しいところです。

今まで苦しくても頑張って返済してきた意味は?という気持ちもあります。

それでも生活全般、下の子が10歳ぐらいになり育児が一段落擦する頃までには、今の借金生活から綺麗さっぱり足を洗いたいので、2社で100万円という債務整理するには割が
合わないけど、人生をリセットするつりでまた借金相談をしました。

もう誰にも相談出来ない辛さから、いてもたってもいられず、、、

アヴァンスで無料相談をしてみました。

アヴァンスレディース 債務整理プロモーション

電話での相談だったのですが、相手の方はとっても優しい口調の方でした。

アヴァンス法務事務所 債務整理プロモーション
着手金0円からの債務整理!

以前、女性専門の借金相談に電話した事があったのですがその時は少し口調のキツイ女性だったので、その時に比べるととても話しやすくていい印象でした。

相談内容。

まず借金の内訳、借りている金融機関、月々の返済額を聞かれました。

私はイオンカード80万円、楽天カード30万円の総額110万円です。

楽天カードはこのまま返済を続けて、イオンカードを任意整理することを勧められました。

イオンカードを任意整理すると、月々の返済が15000円くらいになると言われました。

今の返済額は35000円くらいなのでだいぶ負担額が減るとのことでした。

ただ、私が1番心配していたのは任意整理をすることで借金が夫にバレる、ということです。

その心配を弁護士さんに話したところ、任意整理の書類などは局留めに出来るし、任意整理後の返済を滞納しなければバレることはない、とのことでした。

今まで借金の問題と育児との両立を誰にも相談出来ずに苦しい思いで悩んでいました。

自業自得とはいえ、今回は借金返済の問題と育児の件も熱心に聞いて下さり、毎月の返済が辛いこと、お金がなくて子供たちに何もしてあげれない事など誰にも相談出来なかった思いが爆発して弁護士さんに1時間ほど苦しかった思いをブチまけてしまいました。

ですが、弁護士さんは親身になって相談を聞いて下さり本当に泣きそうになりました。

すぐには任意整理をする決心がつかなかったので、少し考えますとだけ伝えて相談は終わりました。

後は私の判断です。

ブログ開設以来、親しくなった同じ借金主婦のブログの明日香さんにも相談したけど「内緒の借金返済だけじゃないけど、何だって最後に決めるのは自分だから」って言われて本当にそう思いました。

借金返済できないからって、人生まで後悔だけはしたくないので、いま借金を債務整理しないで5年後に後悔するなら、いま債務整理をして5年、10年ブラックリストを辛抱するほうに私の気持ちは人生のリセットに向かって傾いています。

-内緒の借金主婦生活
-

Copyright© 貧乏自営主婦の借金返済ブログ , 2019 All Rights Reserved.