私の借金を母がどういった感情で泣いたか分かりません・・・

投稿日:

今日は母の日ということもあって、親の借金(自己破産)のことを話し合う家族会議がるということで、子供を夫に預けて私だけ実家に行ってきました。

その時に私にも借金があることを伝え、債務整理を考えていることを正直に話したら母が泣いてしまいました。

どういった感情で泣いたのかは分かりません。

ただ母は借金という言葉そのものに嫌悪感があるのだと思います。

時代の違いもあると思うけど、ずっと父にお金の苦労をさせられてきたからだと思います。

そんな中でも私や兄弟を育ててくれたんだと思うと、なんだか私も泣けてきました。

これからは、両親に私たち兄弟で出来る限りの援助をすることで家族会議は終わりました。

ただ、私は経済的な援助が出来ないのでお金の面は私以外の兄弟で援助をします。

もう、本当に情けない気持ちでいっぱいです。

ですが、こればっかりは仕方がない。

両親の件はこれでとりあえず一段落しました。

そして家族会議から帰宅した今日、夫から新たな申し出がありました。

最近太ってきたからジムに行きたいと言われました。

月極1万円で通い放題で安いから行っていいでしょ?と。

そりゃ、ジムにしては通い放題で1万円は安いと思う。

けど、だけど「そんなお金どこにもないんだよー!」と心の中で叫びました。

そんなお金があれば、今日だって母に渡してきてるから。

そんな夫にお金の使い道を考えさせられました・・・

無神経なタイミングだけど夫には関係ないと言えば関係ないことなので、家計簿見ながら考えるから少し待っててね!と伝えました。

夫は元々飽き性なので絶対長続きしないことは目に見えてるんです。

だから、だからこそ1万円という我が家には貴重な現金を支払いたくない。

通いたいなら自分のお小遣いから支払ってくれと伝えようと思います。

ジムに通うとなると、ジムウェアも必要ですよね?

そんなお金ないし、いつか飽きてしまうかもしれないものにクレジット払いしてでも高いジムウェアなんて買いたくない!

借金に追われて親がピンチになってお金の大切さを感じてます。

そんな物(ジム)のために負債額を増やしてたまるか!という強い気持ちで夫にはジム代なんかないと断ろうと思います。

-内緒の借金主婦生活
-

Copyright© 貧乏自営主婦の借金返済ブログ , 2019 All Rights Reserved.